Local Venture Lab

MENU

MENU

自然資本産業
テーマラボ

豊かな生態系を活かした、
次なるビジネスを探究する!

大都市・大企業を中心とした既存の経済の流れは、グローバル化とともにますます加速しています。一方で、従来の流れとは異なる、地域の豊かな生態系を活かしたビジネスが、全国の地域のフィールドで生まれはじめています。農業、林業、水産業、狩猟・採集といった、地域の自然資本をベースとした、六次産業化、商品の企画・製造・販売、その仕組みづくりなどです。目指すべきは、企業の大規模な原料調達や一過性の工場立地などではなく、持続可能な産業として描いていくこと。当テーマラボでは、概念として机上で理解するだけでなく、実際に森やフィールドに足を運び、そこでのビジネスの作り方を学んでいきます。

最前線で挑み続ける
メンター&ファシリテーターから学びとる!

地域での豊富な経験をもつメンター&ファシリテーターが、徹底的にサポート。座学だけでは得られない実践的なカリキュラムを交えながら、ビジネスプランを一緒に練りあげていきます。

メンター

対話による気づきと助言により、自発的・自律的な発達を促します。

牧 大介

MESSAGE 具体的なフィールドを持って企画を!
農林水産業、狩猟などが主なテーマ。岡山県西粟倉村、北海道厚真町でのフィールドワークを行います。具体的なフィールドを持ちながら事業を企画していくことができる人を育てていきたいです。

ファシリテーター

中立的な立場から活動の支援、進行やセッティングなどを担当します。

指出 一正

MESSAGE 新たな価値を紡ぐ、学びと修得の時間を伴走します!
地方の豊かさは、恵まれた自然環境。水も山も土も空気も、いきものも人々もその環境のうち。そこから、自分の視点で素材(たから)を見つけ、具体的に仕事をつくり稼ぐことが、何よりおもしろくて、かっこいいローカルの時代になりました。

シラバス

目指す姿

参加者一人ひとりが自分なりのテーマを定め、具体的な地域(自分の設定した地域、またはフィールドワーク先の西粟倉村、厚真町)を前提とした、マイプランを形にできていることを目指します。

スケジュール

事前課題 1.「参考書・資料」(下記参照)を事前に読んでおくこと
2.自分×仲間×地域で、どんな事業を立ち上げていきたいかを考えておくこと
5/21(日)
13:00-17:00
●開校式
・基調講演、実践者によるパネルディスカッション(視座を高めこれからの半年間への熱量を高める)
・チームビルティングセッション、交流会など(コミュニティづくりのための相互理解・交流の機会)
●コースガイダンス
・コースおよびテーマのオーバービューを知る
・参加メンバーの動機や関心テーマなどの共有、半年間の活動計画の作成
6/16-18
(金-日)
●フィールドワーク①:西粟倉村(岡山県)
・地域の自然資本を体感しリアリティを持ち、フィールドワークの勘所をつかむ
・メンター、コースファシリテーターが帯同(体制は調整中)、地域の現場を見て実践者の話を聞く
7/7-9
(金-日)
●フィールドワーク②:厚真町(北海道)
・地域の自然資本を体感しリアリティを持ち、フィールドワークの勘所をつかむ
・2回のフィールドワーク経て、自分なりに興味のあるテーマ・フィールドを定める
8/26 (土)
終日
●中間合同ラボ(6つのすべてのテーマラボのメンバーが参加)
・前半の活動のふり返りと共有
・後半の活動に向けた学びと準備
9/14(木)
19:00-22:00
●プランニング&ブラッシュアップ
・フィールドワークを踏まえて、マイプランのたたき台を提出。フィードバックを受ける
・コースファシリテーター、サブファシリテーターによるガイドとアドバイス
10/13(金)
19:00-22:00
●プランニング&ブラッシュアップ
・メンターからのフィードバック・アドバイスを通じて、プランの方向性を固める
11/10(金)
19:00-22:00
●プランニング&ブラッシュアップ
・マイプランの発表、メンター・コースファシリテーター・参加メンバーからのフィードバック・アドバイスを得る
・デモDAYに向けたスケジュールの確認

参考書・資料

『ぼくらは地方で幸せを見つける ソトコト流ローカル再生論』(指出一正/ポプラ新書)

『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』(藻谷 浩介, NHK広島取材班/角川書店)
ウェブメディア「グルグルリパブリック」(運営:エーゼロ)

参加上の注意

※フィールドワークについては参加費には含まれません。別途、交通費などの実費が発生しますのでご留意ください。

募集要項

応募条件 ①地域でのフィールドワークの経験、プロジェクトの実践体験、のいずれかがある
②「6つのテーマ領域」について課題の本質を掘り下げ、ローカルベンチャーの「担い手」になる意思がある
③半年間、自身のキャリアと平行しながらもローカルベンチャーラボの活動を優先して取り組む意思がある
開講期間 2017年5月~12月
開講場所 都内近郊を予定。
※フィールドワーク先については、上記「スケジュール」内をご確認ください
募集人数 最大10名
参加料 180,000円(税込)
※フィールドワーク参加の際の旅費などは別途実費がかかります
※ただし、フィールドワーク実施などにあたって、ラボ期間中に限り、最大5万円までの活動奨励費(旅費等補助)が支給されます
申込方法 プレエントリーページより、必要事項を記載のうえ、送信ください。
その後、エントリーフォームのURLをお送りいたしますので、そちらでご準備のうえ、お送りください
申込締切 2017年4月15日(土)22:00
選考方法/
スケジュール
2月1日~4月15日:エントリーフォームの提出
4月中旬~4月下旬:書類選考/面接または電話面接
4月末:選考結果通知

こんな方の参加を
お待ちしています!

地域の自然資本を活かしたビジネスを今後つくっていきたい方
・具体的な地域が決まっている方も、これから見つけていきたい方も可
・実際にフィールドに足を運んでプランニングや実践した経験があれば尚可

プレエントリー

ご質問等についても、こちらからお気軽にご連絡ください。

各領域のイノベーターの
生声にふれる特別講義

ラボの参加者向けに、さまざまな領域の最前線で活躍するゲストによる特別講義を開講。イノベーティブな実体験にもとづく生の声から手法や考え方を学び、地域での挑戦の可能性を広げていきます。

小城 武彦

講義テーマ:リーダーシップ論

小松 洋介

講義テーマ:まちづくり総合戦略

﨑田 恭平氏

講義テーマ:地域経営

#

講義テーマ:地域イノベーション

#

講義テーマ:スタートアップ論

#

講義テーマ:まちづくり総合戦略

Comming soon

Comming soon

他の
テーマラボ