Local Venture Lab

MENU

MENU

安心・豊かな暮らし創造
テーマラボ

過疎地域の笑顔を、
ビジネスで支える糸口をつかむ!

地方産業の中心である一次産業は、グローバル化、資本主義経済に揉まれ、後継者不足、農地荒廃、漁獲漁の激減など、様々な課題を抱えています。中心産業の衰退により過疎が加速するなか、社会的弱者をどう社会で包括していくかは大きな課題です。当テーマラボでは、一次産業の食産業、過疎・高齢化が急激に進むなかでの地域福祉を中心に、尼崎市の顧問を担うメンター船木氏とともに構造的視点を磨き、大きく次の3つの力を養っていきます。
①事業領域を超えて社会という高い視点から俯瞰して見る力。
②地域が抱えるさまざまな課題の背景捉え、それらを有機的につなげ、解決する力。
③事業性を意識して、制度、行政、民間、市民など多様な利害関係者と共創する力。

最前線で挑み続ける
メンター&ファシリテーターから学びとる!

地域での豊富な経験をもつメンター&ファシリテーターが、徹底的にサポート。座学だけでは得られない実践的なカリキュラムを交えながら、ビジネスプランを一緒に練りあげていきます。

メンター

対話による気づきと助言により、自発的・自律的な発達を促します。

船木 成記

MESSAGE 人生の転機になる体験を!
このプロジェクトで、一生モノの友人に出会えるといいですね。もしくは「思い起こせばあの時きっと人生のスイッチが入った気がする」なんていう体験ができて、そのお手伝いができたらとてもうれしいと思っています。

ファシリテーター

中立的な立場から活動の支援、進行やセッティングなどを担当します。

#

MESSAGE 新しいアイデアで、明光を見いだせる事業を!
障がい者、高齢者だけでなく、生活困窮者、ニート、引きこもりなど社会的弱者をどう包括していくか。世界や日本の各地で新しいアイデアの事業が新たな産業になりつつあります。皆さんと光明を見いだせる事業が作りだせたら幸いです。

シラバス

目指す姿

次の3つのことができている状態を目指します。
①課題に対して本質的な問いを立てることができる。
②多様なセクターとの協働から解決作を検討している。
②課題を継続して解決していく持続可能なビジネスモデルを意識する。

スケジュール

事前課題 WHOのオタワ憲章(1986)に目を通しておくこと
〜地域社会が健康であるということはどういうことかなのか、考えてください〜
メンター船木氏より別途指示される指定図書を読み、初回までに論述してくること。
5/21(日)
13:00-17:00
●開校式
・基調講演、実践者によるパネルディスカッション(視座を高めこれからの半年間への熱量を高める)
・チームビルティングセッション、交流会など(コミュニティづくりのための相互理解・交流の機会)
6/9(金)
19:00-22:00
地域を見るときの視点を養う
現在の課題は何が本質的なものかを見極める
社会の変化を意識しながら問いを立てる
7/8-9
(土日)
●ケーススタディーを用いてのディスカッション 
●石巻市視察に向けての事前共有(ゲスト起業家を招聘)
8/4(金)
19:00-22:00
8/26(土)
終日
●中間合同ラボ(6つのすべてのテーマラボのメンバーが参加)
・前半の活動のふり返りと共有
・後半の活動に向けた学びと準備
●メンター船木氏と石巻市にてフィールドワーク(1泊2日)  
・りぷらす、いしのまきファーム、はまのね などを訪問予定
・合同会社巻組とのコラボ企画 など
9/8(金)
19:00-22:00
●個人もしくはグループにて事業立案を進める。
●課題設定、仮説についてゼミ形式で進める。
10/13(金)
19:00-22:00
●事業ブラッシュアップ 
ゲストメンターを招聘(自治体職員で協働事業などされている方)
11/10(金)
19:00-22:00
●メンター船木氏によるプレゼン講評

参考書・資料

※開校前に、メンター船木氏より指定図書を指示。

参加上の注意

全6回がつながりのあるコースですので、すべての回に参加することが望ましいです。
講座開催以外に課題提出や各自での調査・研究があります。
※フィールドワークについては参加費には含まれません。別途、交通費などの実費が発生しますのでご留意ください。

募集要項

応募条件 ①地域でのフィールドワークの経験、プロジェクトの実践体験、のいずれかがある
②「6つのテーマ領域」について課題の本質を掘り下げ、ローカルベンチャーの「担い手」になる意思がある
③半年間、自身のキャリアと平行しながらもローカルベンチャーラボの活動を優先して取り組む意思がある
開講期間 2017年5月~12月
開講場所 都内近郊を予定。
※フィールドワーク先については、上記「スケジュール」内をご確認ください
募集人数 最大10名
参加料 180,000円(税込)
※フィールドワーク参加の際の旅費などは別途実費がかかります
※ただし、フィールドワーク実施などにあたって、ラボ期間中に限り、最大5万円までの活動奨励費(旅費等補助)が支給されます
申込方法 プレエントリーページより、必要事項を記載のうえ、送信ください。
その後、エントリーフォームのURLをお送りいたしますので、そちらでご準備のうえ、お送りください
申込締切 2017年4月15日(土)22:00
選考方法/
スケジュール
2月1日~4月15日:エントリーフォームの提出
4月中旬~4月下旬:書類選考/面接または電話面接
4月末:選考結果通知

こんな方の参加を
お待ちしています!

*自治体職員(特に教育、福祉、企画部門)の方も歓迎です。民間との協働の方法も学べます。

プレエントリー

ご質問等についても、こちらからお気軽にご連絡ください。

各領域のイノベーターの
生声にふれる特別講義

ラボの参加者向けに、さまざまな領域の最前線で活躍するゲストによる特別講義を開講。イノベーティブな実体験にもとづく生の声から手法や考え方を学び、地域での挑戦の可能性を広げていきます。

小城 武彦

講義テーマ:リーダーシップ論

小松 洋介

講義テーマ:まちづくり総合戦略

﨑田 恭平氏

講義テーマ:地域経営

#

講義テーマ:地域イノベーション

#

講義テーマ:スタートアップ論

#

講義テーマ:まちづくり総合戦略

Comming soon

Comming soon

他の
テーマラボ