Local Venture Lab

MENU

MENU

 描けば、見えてくる。
 見えれば、つくりだせる。

地域とつながり、ビジョンをカタチにする 2018年ラボメンバー募集中!

ローカルベンチャー最前線連載中

ボーダーを越えていく挑戦者を、
第一線からサポート

イノベーティブなアイデアを、カタチにするには。複雑に絡み合う要素や問題点をあぶりだし、複雑なパズルを解くように、アプローチを設計していく力も求められるだろう。課題解決の糸口となるビジョンを、具現化するには。ヒト・モノ・カネを動かしながら、モデル化して定着させ、新しい経済の循環をつくりだす力も必要になるだろう。

いつ、どこで、何とどうつながり、どう実現していくか。ビジネスプランの構想を描くことができれば、それを実現するアプローチも見えてくるはずだ。舞台は、必ずしも大都市である必要はない。手つかずの地域の可能性と豊かな環境が、追い風になることもある。眠る豊かな地域資源から、次なるバリューチェーンが生まれることもある。

アイデアやビジョンを羽ばたかせながら、新しいビジネスや仕組みを創りだしていく挑戦者へ。第一線で挑むキーパーソンの胸を借り、6ヵ月間で集中してビジネスプランを練りあげていく、学びと実践が息づく「場」をここに。

概要と
8つのテーマ

8つのテーマを切り札に、
第一線に学び、第一線に挑む!

ローカルベンチャーラボでは、日本のローカルビジネスとして期待が集まる8つのテーマに分かれ、少数精鋭で実践力を磨いていきます。各テーマラボでは、ローカルでの経験豊富なファシリテーターが伴走し、受講中一貫してきめ細かくサポート。各テーマ領域で活躍する先輩起業家をメンターとして迎え、ビジネスプランをともにブラッシュアップしながら、地域で挑戦する準備をサポートします。

ローカル
ベンチャー
ラボの特徴

最前線に入り込み、
実践力を磨き、ネットワークをつくる!

ローカルベンチャーラボは、自分がやりたいテーマで地域資源を活用しながら成長ビジネスをつくりだすためのマインドとスキルを身につける学びの場。そして、その挑戦に飛び込むため実践の場です。ラボ終了後には次のアクションに踏みだせるよう、地域や企業との連携ネットワークやコミュニティづくりなど、ビジネスの土台を築くサポートも行っていきます。

ローカルベンチャーラボ・ネットワーク

ファシリテーターやメンターゆかりの地で活動するプレイヤーをはじめ、全国各地のローカルベンチャーの最前線で活躍するキーパーソン、各地の自治体やコミュニティ、地域コーディネーターなど、総勢80名以上が1つのチームになって、参加メンバーをバックアップします。

カリキュラム

開校式 2018年6月2日(土) 13:00-21:00、3日(日) 9:00-12:00 @都内

各テーマラボへ参加する仲間たちと地域の未来を描くビジョンを共有し、半年間のラボに挑む決意を新たにする場です。

・基調講演、実践者によるパネルディスカッション
 (視座を上げ、これからの半年間の熱量を高める)
・チームビルディングセッション、交流会など
 (コミュニティづくりのための相互理解・交流の機会)

各テーマごとに設定。11月まで月1回実施。
テーマの背景と課題の本質に迫り、その課題解決を目指すプランニングを行います。さらに、プラン実践に向けた具体的なステップを踏み、地域への移住も含めた挑戦を目指します。

中間合同ラボ 2018年8月25日(土) 10:00-19:00(予定)@都内

一人ひとりの取り組みと進捗を全テーマの参加者で共有しあうことで、刺激を得ながら地域やテーマを超えたコミュニティの密度を高める場です。

ブラッシュアップ&デモDAY 2018年12月15-16日(土日)@都内

半年間で描き、磨いてきたプランを共有し合うハレの場です。地域の行政や実践者たちも集まり、今後、実践していく地域やパートナーとの出会いの場としても機能します。

テーマラボ別カリキュラム詳細

各テーマラボの内容やカリキュラム詳細は以下よりご確認ください。

テーマラボ共通特別講義

テーマラボ横断で、さまざまな領域の最前線で活躍するゲストから、ローカルベンチャーの一歩先を学ぶ場。講演形式、ワークショップ形式など多様なスタイルで、地域で挑戦する可能性を広げていきます。

ローカルベンチャーラボ 2017

2017年5月にスタートし、12月の渾身のプレゼンで幕を閉じたローカルベンチャーラボ第1期。約半年の活動を振り返るとともに、参加者の熱のこもった生の声をレポートします。

募集要項

現地レポート他、ローカルベンチャーの“いま”を
伝える公式Facebook

すでに地域で活躍している人たちの現地レポートやイベント情報など、ローカルベンチャー関連の情報をリアルタイムでお届けします。ぜひフォローください!

よくある
ご質問

「自分は応募条件を満たしている?」「テーマ決めに迷ったら?」など、よくお問い合わせいただく質問とその答えをまとめました。不明な点があれば、まずはFAQをチェックし、解決できない場合はお問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

Q.応募の段階で事業アイデアや事業計画を持っている必要はありますか?
A.応募の段階で綿密な事業計画は必要ありませんが、社会に対する問題意識や想いを持っていることが前提です。アイデアや計画は、テーマラボでの実践、プランニング、ファシリテーターやメンターとのやり取りを通じて形にしていきます。
Q.自分がやりたいことが、複数のテーマ領域にまたがっているのですが?
A.自分の想いの主軸はどこにあるのか、どのファシリテーターやメンターのテーマラボに入りたいかなどを総合的に判断して、最終的にご自身で決定していただきます。ただ、すべての領域は横断的に関わりがあるため、テーマラボを超えて、学ぶ場を多数設けています。
Q.自分がやりたいことが、設定されているテーマ領域に当てはまるかわからない場合は?
A.最終的な所属テーマラボは、どのテーマラボで参加いただくのがよいか、選考に際してコーディネーターが話を伺いながら、提案をさせていただきます。まずは一番関心があるテーマを選び、ご応募ください。また、必ずしも8つのテーマ領域に当てはまらなくても、強い想いとビジョンをお持ちの方に参加いただきたいと考えています。