EVENT/REPORT 19.06.28

「1年間出口が見えなかったときだってありました」。七転び八起き酒場 第5夜目・NPO法人atamista代表理事 市来広一郎さん

地域のソーシャルビジネスの最前線で活躍するゲストを週替わりで迎え、お酒を飲みながら語り合うNPO法人ETIC.でのプレミアムイベント「七転び八起き酒場」。講演会では聞けないようなソーシャルイノベーターたちの失敗談とそれらを乗り越えてきたエピソードから、地域社会における社会課題解決の本質を学びます。

第5回目のゲストは、NPO法人atamista代表理事/株式会社machimori代表取締役の市来広一郎さん。生まれ育った静岡県熱海市を拠点に、「100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる」をミッションにしたNPO法人atamistaを、そしてそのための一つの手段として、熱海駅からほど近い熱海銀座商店街エリアを不動産オーナーや店子と協働して維持し発展させていく株式会社machimoriを運営されています(その活躍の詳細は、ぜひ市来さんのご著書『熱海の奇跡』をご一読ください!)。

さて、この「七転び八起き酒場」は、お酒を片手に参加者全員でテーブルを囲みながら“今だから語れる”先輩イノベーターの失敗談に耳を傾け、フランクに語らい合うという場。しかもゲストは7転び語るまで帰れません!

今夜の1転び目は「変わる気がない人を変えようとするのではなく、変わりたくてうずうずしている人にアピールしていかないと何も変わらない」という学びを得たという、初めての音楽イベントを商店街で開こうとした際に体験した、説明会での驚きの怒号についてのエピソードからスタート。1店舗につき500円の協力を求める説明会で、理解を得るためにかけた時間はなんと2時間。そこまでやっても渋々払ってくれるか理解してもらえず協力を得られないかという状況に、「自分はまだ耐えられても、他のメンバーが耐えられなくなるだろう」と、最初から共感し合える相手となるべく協働していこうと決心したと言います。

続く2転び目は、その後も商店街で企画が一つも通らず、このままでは埒が明かないと、勝手に若手を集めて実践を始め何とか理解を得られるようになっていったというエピソードを。「見たことないものは理解できないという人もいるのだから、形にしてしまって理解してもらう方が早い」ことを学んだと言います。

3転び目には、満を持して商店街に開店したCAFE RoCA(現在は閉店し、運営するゲストハウスMARUYA入り口で営業するカフェ&バーに。数店舗が入居できる、起業実験場になっているのだそう)に、いきなり乗り込んできた十数人のおばさま軍団(!)との対峙について。「あなたね、まちの人間でもないのにこんなことをはじめて何様のつもり?」と非難を受けたものの、自分が熱海出身であるということを伝えると訪問が激励に変わり、彼女たちは去っていったそうです・・・。

続く4転び目では、カフェのオープンから3か月が経ち、スタッフの人間関係が上手くいかずにある朝店長から「今日からもう行きません」というメールが届いたという衝撃のエピソードを。当時育休に入っていた奥様が何も言わずにカフェに向かってくれたことが本当にありがたかったと語ってくれました。それから1年間はまったく出口が見えず、辞めようとは思わなかったけれど(今まで一度も辞めようと思ったことはないのだそう!)つらすぎてお酒に逃げていた夜も多かったと言います。

5転び目では、スタートした「海辺のあたみマルシェ」で商店街の半数からは好意的な反応を、もう半数からは再びの怒号を受けたというエピソードを。ただ、そこから根気よく続け、半年目で「しょうがないな」、1年目には「頑張れよ」、2年目ではついに参加、「今日はこれだけ売れた」と喜んで報告してくれるようになり、3年目には「君らだけに任せていたらダメだな、俺らも頑張らなきゃ」という感動の変化を体験されたのだと語ります。

そして最もつらかったと語る6転び目には、誰よりも一緒に頑張ってきてくれて大事にしたかったスタッフを疲弊させてしまい、組織を辞めざるを得ない状況まで追い込んでしまったというエピソードを。当時組織は経営的にも人間関係的にもズタズタで、このままではダメになってしまうと、それから今までほとんどの時間を組織づくりに割いてきたと語ります。振り返って「多くのものに手を出しすぎていた」と、市来さんは当時の状況を語ります。

どれほどのものを乗り越えてきたのか途方もない気持ちになった6夜目でしたが、年々応援してくれる人たちは増え、2019年現在熱海銀座の空き店舗数は2店舗にまで減ったのだそう(この夏ついに残り1店舗にまでなる予定だとか!)。まだまだ続く市来さんの挑戦ですが、これまでの軌跡を知ることができた貴重な一夜となりました。

さて、地域のソーシャルビジネスの最前線を濃度120%で学べる「七転び八起き酒場」は、7月まで全8回8人のゲストで続きます。この機会をどうぞお見逃しなく!

 

>>次回以降の日程詳細はこちらから。