LOCAL R&D CENTERNEWS 23.01.20

地方での産業づくりを目指し、NPO法人ETIC.と株式会社LIFULLが連携。プレスリリースを配信しました

NPO法人ETIC.(エティック、東京都渋谷区)は、このたび株式会社LIFULL(ライフル、東京都千代田区)と連携し、地方自治体をフィールドにした新規事業開発をめざす都心企業を両社の連携自治体に誘致する取り組みを協働で実施します。

ETIC.は2016年から進めてきたローカルベンチャー協議会でのネットワークを活かして自治体と企業の対話と共創のための会員制プラットフォーム「企業×地域共創ラボ」を2021年から運営し、現在11自治体、企業16社が参加しています。

LIFULLは、シェアハウスとコワーキングスペースの特徴をあわせ持つコミュニティ型多拠点コリビングサービス「LivingAnywhere Commons(リビングエニウェア・コモンズ、以下LAC)」を、全国50拠点で展開しています(2023年1月1日現在)。

この度の連携では、地域活性や地方での新規事業開発に関心のある企業に対して、各社の連携先自治体の現場を学びの場として視察等の機会提供を行います。現場を訪れた企業や個人の多様な意見や、事業開発のきっかけとなる議論等を通じて、連携先自治体における地域課題の解決や地域活性に寄与することを目指します。

▷プレスリリース全文はこちらから:ETIC.とLIFULLが連携。地方自治体と都心企業の協働を推進する双方のサービス「企業×地域共創ラボ」と「LivingAnywhere Commons」の強みを生かし地方での産業づくりを目指す。