EVENT/REPORTLOCAL VENTURE LABNEWS 21.06.15

スタンダードチャータード銀行 在日代表兼最高経営責任者の竹内靖典氏より、ローカルベンチャーラボ5期生へ応援メッセージをいただきました

ローカルベンチャーラボ第5期では、英ユース・ビジネス・インターナショナルと共同で、COVID-19の影響を特に強く受けている零細・小規模企業の若手起業家を支援するため、スタンダードチャータード財団の資金提供を受けスタンダードチャータード銀行の不平等解消のためのグローバルイニシアチブ「Futuremakers」の一環として、200名規模の若手起業家にコロナ禍における新規事業創造のための学びの機会、全国の起業家ネットワークへのアクセスの機会を提供します(プレスリリースはこちらから)。

また、プログラム内に20名の特別選抜枠「ChangeMakers U-35」を設置、参加費の一部援助と、本プログラムに加えての個別コーチングの機会を提供し、事業の推進を図ることを目指します。

先日行われた第5期開講式では、スタンダードチャータード銀行在日代表兼最高経営責任者の竹内靖典氏より、ラボ生へ向けてコメントが贈られました。その中で語られた、ご自身が普段から事業を推進する際に心がけている3つの視点をシェアさせていただきたいと思います。

「まず1つ目、外に出てアンテナを高く掲げてみましょう。課題解決のヒントは実は外にあることが多いと思っています。
2つ目に、ネットワークを広げましょう。同じ志の人が集まれば、より多くの知恵も出ますし活動のスピードも上がります。ローカルベンチャーラボは最高のネットワークづくりの場だと思いますし、活動地域でのネットワークもぜひ大事にしてください。
最後の3つ目は、イノベーティブな技術を積極的に活用していきましょう。それらによって一足飛びに変革を起こして、一気に先進地域になるような事例が多く見られます。イノベーティブな技術は、事業の効率を上げ、成長を加速するのに大変有効だと思っています。

ラボ生の皆さんの身の回りの社会課題に正面から向き合ってその解決に立ち上がろうとする意欲に敬意を表するとともに、心から応援したいと思っています」

ローカルベンチャーラボSNSでは、引き続き5期生の活躍をレポートしていきます。これから半年間、どんな成長をしていくのかどうぞ楽しみにしていてください!

▷ローカルベンチャーラボFBページはこちらから