Local Venture Lab

MENU

MENU

よくある
ご質問

「自分は応募条件を満たしている?」「テーマ決めに迷ったら?」など、よくお問い合わせいただく質問とその答えをまとめました。不明な点があれば、まずはFAQをチェックし、解決できない場合はメール(lvl-info@etic.or.jp)【担当:伊藤いずみ・日出間・長谷川】にて、お気軽にご相談ください。

応募にあたって

Q.応募の段階で事業アイデアや事業計画を持っている必要はありますか?
A.応募の段階で綿密な事業計画は必要ありませんが、社会に対する問題意識や想いを持っていることが前提です。アイデアや計画は、テーマラボでの実践、プランニング、ファシリテーターやメンターとのやり取りを通じて形にしていきます。
Q.自分がやりたいことが、複数のテーマ領域にまたがっているのですが?
A.自分の想いの主軸はどこにあるのか、どのファシリテーターやメンターのテーマラボに入りたいかなどを総合的に判断して、最終的にご自身で決定していただきます。ただ、すべての領域は横断的に関わりがあるため、テーマラボを超えて、学ぶ場を多数設けています。
Q.自分がやりたいことが、設定されているテーマ領域に当てはまるかわからない場合は?
A.最終的な所属テーマラボは、どのテーマラボで参加いただくのがよいか、選考に際してコーディネーターが話を伺いながら、提案をさせていただきます。まずは一番関心があるテーマを選び、ご応募ください。また、必ずしも8つのテーマ領域に当てはまらなくても、強い想いとビジョンをお持ちの方に参加いただきたいと考えています。
Q.メンバーの選抜基準を教えてください。
A.実現したいビジョンに対する想いの強さと、これまでの経験値から判断する「ローカルベンチャーに対する資質」をふまえて、総合的に判断させていただきます。

テーマラボの内容について

Q.どのくらいの頻度でテーマラボは実施されるのですか?
A.テーマラボは、月に1回程度を想定しています。担当するファシリテーターによっては、メンバーの状況に応じて、これ以外の場などでの活動を行う場合もあります。
Q.他のテーマラボのメンバーとの交流の機会はどのくらいあるのでしょうか?
A.6月の開校式は全テーマラボ同日程で行う予定です。また、全テーマラボを横断して行う中間合同ラボや特別講義も予定しています。その他にもテーマラボによっては合同ラボなどが企画される場合もあります。
Q.テーマラボの日程・時間帯はどのように決まるのですか?
A.参加メンバーの予定とメンターの予定を調整のうえ、日程・時間帯を決定します。平日の夕方以降や土日になることを想定しています。詳細な日程については、2月中にこちらのWEBサイトにて公開いたします。
Q.テーマラボはどこで行われますか?
A.基本的にはテーマラボごとに、都内近郊での開催を予定していますが、場合によっては地域でのフィールドワークが行われることもあります。
Q.希望するテーマラボに参加できない日がありますが大丈夫でしょうか?
A.プログラムは全日程参加して最大限効果がでるように設計されていますので、原則は全日程参加とさせていただいています。どうしても参加が難しい場合は、内容によって後日コース担当者よりフォローを実施させていただきます。

ファシリテーターとメンターについて

Q.ファシリテーターとメンターの違いは何でしょうか?
A.ファシリテーターは、全6回のテーマラボを企画運営し、参加者の身近な相談役にもなります。メンターは、豊富な実践経験を活かして、メンバーの事業ブラッシュアップの際などに力になってくれる存在です。

受講料や活動費について

Q.フィールドワークの費用は受講費に含まれていますか?
A.各地でのフィールドワークが行われる場合は、それに関する費用は別途ご負担いただくことになります。ただし、フィールドワーク実施などにあたって、ラボ期間中に限り、最大5万円までの活動奨励費(旅費等補助)が支給されます。

テーマラボ終了後について

Q.テーマラボ終了後は、必ず地域へ移住しないといけませんか?
A.地域での実践者を増やすことを目的にしていますが、多様な地域との関わり方を増やしたいと思っておりますので、必ずしも移住をする必要はありません。
Q.テーマラボ終了後は、起業をしないといけませんか?
A.プランを事業化することを目指していきますが、必ずしも起業という形である必要はありません。ご自身のプランを何らかの形で実践することをサポートさせていただきます。