LOCAL R&D CENTER

研究開発に先進性、アライアンス、 未知への冒険を加えていく場

ABOUT

大企業、ベンチャー、自治体等が協働し、
地域の新しい価値創造を目指すプラットフォーム

地域課題の解決や地域での新たな事業創出を目的に、民間企業・自治体・起業家などの多様なセクターが協働して
ネットワークを作っています。 様々な特色を持つ地域フィールドやリソースを活かして、取り組みテーマ探索から
事業実装まで支援し、協働を推進します。

  • Feature01

    地方自治体・企業と
    協働する実証実践

  • Feature02

    SDGs時代を見据えた
    パートナーシップ型の
    事業開発

  • Feature03

    フレキシブルな
    研究参画も可能

提供サービスや参画方法について

詳細はこちら

PROJECT

関連プロジェクト・取り組み紹介

具体的な探求テーマや取り組み、事業に合わせて組成されます。
企業・自治体が連携して取り組み、相互に参加することも可能なプロジェクトもあります。

  • vol.06

    ローカルベンチャーフォーラムで考える、これからの時代の企業経営

    近年、企業においてESG経営は欠かせないキーワードとなっている。企業や組織としての行動や判断に、差別的なものやフェアではない思想があれば消費者にはすぐに見透かされ、環境や人権への配慮が十分でない企業は資金調達面でのリスクがあるだけではなく、ユーザーから選ばれない時代になりつつある。表面的に取り繕うのではなく、個として、組織として、自身のパーパス(存在目的)や本質的な課題に向き合うことが求められている。このプロジェクトでは、企業と自治体、そして両者をつなぐコーディネーター的な役割を務める民間組織の人々が気軽につながれる「企業×地域共創ラボ」というラウンジ的な場を立ち上げる。

    活動期間:2021年9月〜

  • vol.05

    地域教育創造ラボ 〜あなたの創り出したい教育で、どう飯を食うか

    教育現場には様々な課題があり、教育の分野で新事業を創りたいというプレーヤーは多い。しかし、どのような対象・領域でどのような変化を生み出したいのかが抽象的で、事業目的の明確化まで至っていないケースも少なくない。インパクトのある教育事業を各地で生み出していくためには、この20年間に生まれた先行事例を学び、まとめ、可視化することで、それらの手法のメリットやデメリットを整理して理解することが必要である。地域の教育の未来を創る上での創造的な「守破離」を目指す。

    自治体:徳島県上勝町
    活動期間:2020年6月〜

  • vol.4

    エリアブランディングのためのバーチャル手法開発 〜withコロナ時代における新しいフィールドワークの形とは?

    ローカルベンチャー創出において、地域に足を運び現場にふれるフィールドワークは欠かせない。とりわけエリアブランディングにおいては、現地のくらしを肌で感じ、その場に身を置くことで感じるまちの匂い、プロデュースのために着眼点や見立てが、その後のプランニング~実行の鍵を握る。しかし、現在のようにリアルな現地訪問が極めて限定される状況下では、人の移動を最小限にとどめ、リスク管理を徹底しつつも、効果を生み出すフィールドワーク手法の開発が急務となっている。 本プロジェクトでは、全員が現地訪問に参加しない形式でのバーチャルフィールドワークの実験を行う。

    活動期間:2020.6 〜

FAQ

よくあるご質問

不明な点があれば、まずはFAQをチェックし、解決できない場合は
メール(lvl-info@etic.or.jp)【担当:伊藤】にて、お気軽にご相談ください。

  • 提供メニューや参画方法を教えてください。

    上記「詳細」資料をご覧ください。

  • 参画に関心があるのですが、どうしたらいいですか?

    定期的に説明会を実施していますし、個別の相談を行うことも可能です。ご案内をいたしますので、上記問合せ先までご連絡ください。

  • 具体的に事業開発テーマが定まっているわけではないのですが、参画可能でしょうか?

    一緒にディスカッションをしながら進めていくことも可能です。まずはご相談の旨を、お気軽に連絡ください。

ほかのよくあるご質問を見る