ローカルベンチャーフォーラムで考える、これからの時代の企業経営

PROJECT

2021年10月に実施する「ローカルベンチャーフォーラム2021〜地域と企業の共創を考える〜」開催に寄せて、ローカルベンチャー協議会事務局のNPO法人ETIC.からのメッセージです。

MEMBER
ローカルベンチャー協議会事務局 NPO法人ETIC.
山内幸治
1997年、早稲田大学在学中に、ETIC.の事業化に参画。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科非常勤講師。

INTERVIEW

近年、企業においてESG経営は欠かせないキーワードとなっています。企業や組織としての行動や判断に、差別的なものやフェアではない思想があれば消費者にはすぐに見透かされます。それが不祥事や炎上につながったという事例は、思い当たるものが多々あるのではないでしょうか。とあるベンチャー企業の研修会では、取締役の構成にダイバーシティがないという理由で海外投資家から出資を断られたという話も耳にしました。

このように環境や人権への配慮が十分でない企業は、資金調達面でのリスクがあるだけではなく、ユーザーから選ばれない時代になりつつあります。表面的に取り繕うのではなく、個として、組織として、自身のパーパス(存在目的)や本質的な課題に向き合うことが求められています。

0から1を生み出す地域の仕組みづくりから、コレクティブインパクトの創出へ

我々ローカルベンチャー協議会は、2016年9月の発足以来、5年にわたり各地で「意志ある個」の挑戦をサポートし続けてきました。持続可能な地域社会、そして中央集権型から分散型社会の実現に向け、官民連携で起業支援・新規事業支援の環境整備を進めるなかで、250以上の事業が新たに生まれています。その中には自治体や起業家だけではなく、地域をフィールドとした企業のチャレンジも含まれます。

ゴルフカートのような低速走行の車両を高齢者の移動の足とする「スローモビリティ」の実証実験や、子会社として地方を拠点としたベンチャーキャピタルを設立するなど、企業と地域が結び付くことで様々な変化が生まれています。

そんな0から1を生み出す挑戦を各地で重ねてきた第1期を経て、次の5年間は社会実験から社会実装へとステージを上げていくフェーズです。脱炭素社会への世界的なシフトチェンジの潮流や、また国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」は2030年までの達成を目指されていることからも、待ったなしで本格稼働が求められる時代に入ったと言えるでしょう。そこにいくためには、個々の挑戦だけではもはや追いつきません。企業や地域を越えた、コレクティブインパクトが必要です。

 

THOUGHT

LOCAL R&D CENTER への想い

ローカルベンチャーフォーラムでできること

奇しくもこの1年半はコロナ禍によって海外に行く機会が激減したことで、必然的に人々の行動や意識の範囲が国内に向かうことになり、地域課題領域での新規事業開発への関心が高まっているのも感じます。10月19日からの「ローカルベンチャーフォーラム」では、各地・各企業での個別の挑戦から、本当の意味で一緒に事業をつくっていくためにはどう変わっていくべきかという議論ができる場をご用意しました。

なぜ今、ESG経営が必要とされているのか、また政府が掲げるスーパーシティ構想の背景にある狙いなど、DAY1のトークセッションで時代感をつかみ、DAY2~4で各地ですでに動いているプレイヤーについて知り、DAY5では企業と自治体が連携することでどのような変化を起こしていけるのか、具体例をお見せするという構成になっています。

ミッションは1社でも達成しうるものですが、パーパスは共創できる仲間がいなければ成しえないものです。例えば持続可能な成長のためにサーキュラーエコノミー(循環型経済)を実現したいと考えても、それにはメーカーや小売業者、リサイクル業者といった業種を越えた連携が必要ですし、消費者の意識が変わらなければ生み出せません。

そこでローカルベンチャー協議会では次の5年間に向けて、企業と自治体、そして両者をつなぐコーディネーター的な役割を務める民間組織のみなさんが気軽につながれる、「企業×地域共創ラボ」というラウンジ的な場を立ち上げました。通常、企業が受け入れる素地のある自治体を探し出し、信頼関係を築くには長い時間がかかりますが、この場に参画するのは面的な社会変化を起こしたいと考えているメンバーばかりです。雑談から本気のキャッチボールが生まれ、具体の取組を一緒に企てていく……そんな仲間探しには最適な場だと思います。社会実験から社会実装へ、また個々の取り組みからコレクティブな取り組みへと進化していくためのインフラ作りを、ローカルベンチャー協議会では目指していきます。

10月のローカルベンチャーフォーラムでは、「企業×地域共創ラボ」の空気感を感じていただけると思うので、企業のビジネスを加速させるフィールド探しのヒントを見つけに、ぜひご参加ください。

ローカルベンチャーフォーラム詳細・申込はこちらから
https://forum2021.localventures.jp/

関連記事>https://drive.media/posts/22450