ソーシャルビジネス
テーマラボ

社会を変えるビジネスを作る

世界中をみても災害や経済危機などの後、多くのチャレンジが生まれ、力強いまちづくり、事業づくりが進んでいきました。その中には特に、社会の課題をビジネスで変えていく『社会起業家』たちの存在がありました。たとえば東日本大震災を経験した宮城県気仙沼市では、赤ちゃんとそのお母さんを支援する事業を行っていた男性が、その活動の中で「働きたくても育児が理由で働けない」「子育ての悩みを相談できない」という母親たちに出会い、育児をしながら働ける場を準備。無添加ジャムやベビー用品の製造から始まり、今では子育て支援や地域交流、災害支援などの拠点にもなりました。他にも、全国でも高齢化率がトップクラスの島根県雲南市では、病気で父親を失った女性が、それまでは病気になった人が病院などの施設の中などでしか接点をもてなかった看護師などの専門職を、人々の暮らしの導線の中にケアの人材を入れていく「コミュニティナース」という在り方をつくり、健康やケアの新しい概念とともに全国に広がり始めています。

人口減少・過疎・高齢化による経済縮小など、右肩下がりの社会だからこそ、それを脱却するには新しい価値づくりが必要なタイミングです。今、目の前にある課題だけではなく、今は当たり前でも、これから先、社会課題になりうるものもあるはず。社会を変えるビジネスを作る、その第一歩を一緒に踏み出していけたらと思っています。

最前線で挑み続ける
ファシリテーター&メンターから学びとる!

受講中はローカルでの経験豊富なファシリテーターが伴走し、一貫してきめ細かくサポート。各テーマ領域で活躍する先輩起業家をメンターとして招き、座学では得られない実践的なカリキュラムを交えながら、ビジネスプランを一緒に練りあげていきます。

ファシリテーター

中立的な立場から活動の支援、進行やセッティングなどを担当します。

山元 圭太

MESSAGE 「社会性」と「事業性」の両立は永遠のテーマですよね。でも、実現ができないものでもありません。皆さんの想いに寄り添って、一緒にそのカタチを見出していきたいと思います。

メンター

矢田 明子

MESSAGE これからの時代「これが価値だよね」そう思えるものを妥協せず、より良いものとして改善する努力をし、届けたい人に届けていく。そんな姿勢を通じて事業性は高まると考えています。皆さんの一歩にお役に立てたら嬉しいです。宜しくお願いします。

石川 治江

シラバス

目指す姿

このテーマラボでは、「社会課題の解決」と「社会的価値の創造」を実現する道筋を描いていただきます。
まずは自分自身の「やりたい」からスタートし、期間中、1回以上、何かしら実験も行います。また、自分自身がプレイヤーとしてやっているだけでは限界にぶち当たります。そのため、「私がやる」ことを手放し、社会に必要な機能を誰がどう担うのがいいのかも同時に考えていきます。こうして、社会起業家としての在り方を深め、進め方の見通しを立てることができ、「社会を変えるビジネス」のスタート地点に立っている状態を目指します。

スケジュール

事前課題 「ソーシャルビジネス事業戦略ワークブック」(仮称)の作成(後日配布)
開校式
6/1-2(土日)
ローカルベンチャーラボ全体での開校記念イベント
・視座を高めこれからの半年間への熱量を高める(基調講演、実践者によるパネルディスカッション)
・ラボのコミュニティづくりのための相互理解・交流の機会(チームビルティングセッション、交流会など)
第1回
6/2(日)13:00~
ワークショップ
『なぜ、ラボに参加するのか。この半年間で何を成し遂げたいのか。自らに問う』

・山元さんによる講義:「ソーシャルビジネス経営戦略6つのステップ」
・作成してきたワークブックに基づき自己紹介等
第2回
7/6-7(土日)
フィールドワーク
『大阪市(調整中)』

社会課題の現場で事業を行う先輩起業家を訪問
『先行研究や先行事例に触れる』
合同ゼミ
8/24(土)
個々のコースを超えて全体で集まる場。
・前半の活動のふり返りと共有
・後半の活動に向けた学びと準備
第3回
8/25(日)
ワークショップ
『やることのタスクリストを作る』

中間合同ラボの振り返り。※ゲストとして先輩社会起業家も調整中
第4回
9/8(日)
ワークショップ
『改めて、誰のための何をしたいのか。そして自分は何者だと語るのか?全部1人ではできない。なら、どこを担うのか。』

・都内にて、ゲストの先輩社会起業家の現場を訪問(調整中)
第5回
10/12(土)-14(月祝)
フィールドワーク
『雲南市』

・1日目はコミュニティナースや小規模多機能自治、またそれを支える地域の仕組みを視察。
・2日目は参加者の事業計画を考える。
『体制や資金の流れをどう作るか。収支計画、事業計画を立てる。そして、いかに共感を得て仲間を増やすことができるか。』
第6回
11/23(土祝)
ワークショップ
『実験してみたうえで、改めて次の一歩を考える』

・事業構想の相互ブラッシュアップ、他(場合によってはFWを実施)
デモデイ
12/14-15(土日)
プランの最終発表の場

参考書・資料

1)コミュニティナース:矢田明子(著)
2)ソーシャル・プロジェクトを成功に導く12ステップ コレクティブな協働なら解決できる! SDGs時代の複雑な社会問題:佐藤真久 (著), 広石拓司 (著)
3)社会変革のためのシステム思考実践ガイド:デイヴィッド・ピーター・ストロー(著)

参加上の注意

特になし

募集要項

第3期 募集説明会受付中!

エントリーフォーム請求

ご質問等についても、こちらからお気軽にご連絡ください。

各領域のイノベーターの生声に触れる
「特別講義」を随時開催

テーマラボ横断で、さまざまな領域の最前線で活躍するゲストから、ローカルベンチャーの一歩先を学ぶ場。講演形式、ワークショップ形式など多様なスタイルで、地域で挑戦する可能性を広げていきます。

他の
テーマラボ