拡張家族
テーマラボ

次世代型組織「拡張家族」を手掛かりに
自分と地域と世界をイノベーションする

様々な社会課題がローカルには表出されつつあります。空き家、人口減少、高齢化、地域資源枯渇、伝統文化の消失などなど。では、その社会課題の本質的な原因とは何でしょうか。本ラボでは、本質的な原因として「近代による人間の個別化」と定義します。外的要因が多様化する社会で家族はより小さくなり組織はより大きくなる中で共助のための家族観の喪失こそが本質的な問題です。今後の未来で技術や社会システムがいかに進歩しようと人間の意識変容なくしてはますます個別化する社会になっていくでしょう。今、私たちに求められているのは「意識の変容」と「家族観の復興」です。血縁・金縁を超えた拡張家族になることがありとあらゆる社会課題を結果的に解決させ平和の道だと当ラボでは考えます。拡張家族は内的態度で繋がる新しい組織概念です。本ラボでは、この概念を手掛かりとし、自己を変容させ、社会を変化させる従来とは全く違う新しいリーダーシップを身に付け、新たなリーダーとして実践することを目標とします。

最前線で挑み続ける
ファシリテーター&メンターから学びとる!

受講中はローカルでの経験豊富なファシリテーターが伴走し、一貫してきめ細かくサポート。各テーマ領域で活躍する先輩起業家をメンターとして招き、座学では得られない実践的なカリキュラムを交えながら、ビジネスプランを一緒に練りあげていきます。

ファシリテーター

中立的な立場から活動の支援、進行やセッティングなどを担当します。

浅野 豪

MESSAGE このラボでは一方的なインプットだけでなく、対話をとおした気づきにより、自分の頭での理解を超えた感情を生み出せるよう、安心な場をつくれたらと考えています。大人になってからの成長感を一緒に体験しましょう。

メンター

高砂 樹史

MESSAGE 正解がない社会と言われて結構時間が経ちますが、未だに方法論はあまり変わってない気がします。拡張家族は正直分かりにくい概念です。ただそこには、新たな社会をつくるヒントがたくさんあります。この半年間、どうなっていくのか分かりませんが、だからこそ一緒に新しい価値観を創っていきませんか?

近藤 ナオ

MESSAGE 人生なんて死ぬまでの暇つぶしなので、せっかくなら、超難しそうな事、夢物語と言われそうな超???な事をして生きてみませんか?

藤代 健介

MESSAGE 自分の人生をアートしてみませんか。内側から生まれる自分の衝動を観察し哲学し行動することで人生そのものをアートにするのです。僕はこのラボを通して次世代のリーダーになるためのきっかけ作りになりたいです。一緒に自分、地域、世界を変える旅へ出かけましょう。

シラバス

目指す姿

・拡張家族の中心メンバーとしてローカルから全体へと平和運動を起こせる創造市民人材(推奨)
・拡張家族という創造市民とオープンイノベーションすることで平和的市場を開拓できる創造企業人材
・拡張家族という創造市民とオープンイノベーションすることで平和的公共を開拓できる創造行政人材

スケジュール

事前課題 <課題>課題図書を読んでおくこと
開校式
6月
ローカルベンチャーラボ全体での開校記念イベント
・視座を高めこれからの半年間への熱量を高める(基調講演、実践者によるパネルディスカッション)
・ラボのコミュニティづくりのための相互理解・交流の機会(チームビルティングセッション、交流会など)

6月
・拡張家族に至るための世界観(概念)をインプットする(4h)
・Ciftにて拡張家族の生活感を体験する(2h)
・Ciftにてキックオフ懇親会(3h)
・コース計画の見直しをする(2h)
・<課題>本プログラム参加に対するマイテーマ(自分・社会に対して)を定める

7月
・拡張家族に至るための思考法(実践)をインプットする(6h)
・Ciftにて交流会(3h)
・コース計画の見直しをする(2h)
・<課題>拡張家族(全体)のための自分(個別)の役割としてマイアクションを設計する

8月
・各メンバーがマイアクションを発表し、一つのケースを選出する(6h)
・Ciftにて交流会(3h)
・コース計画の見直しをする(2h)
・<課題>ケース先(or Cift)に対してそれぞれの自分の役割を調整する
合同ゼミ
8月
個々のコースを超えて全体で集まる場。
・前半の活動のふり返りと共有
・後半の活動に向けた学びと準備

9月
・選出されたメンバーのケースを全員でフィールドワークする(2泊3日)
・<課題>ケース先(or Cift)にて拡張家族の一員として生活しながら、マイアクションを精査する

10月
・マイアクションの中間発表会(6h)
・Ciftにて交流会(3h)
<課題>ケース先orCiftにて拡張家族の一員として生活しながら、マイアクションを精査する

11月
・マイアクションの最終発表会(6h)
・Ciftにて交流会(3h)
デモデイ 12月 プランの最終発表の場

参考書・資料

TISSUE Vol.03 まなざしのいい人 – 藤代健介のセクション(メンターの理解)
限界費用ゼロ社会 – ジェレミー・リフキン(時代背景の理解)
未来を変えるためにほんとうに必要なこと – アダム・カヘン(リーダーシップの理解)

参加上の注意

・フィールドワークについては参加費に含まれていません。別途、交通費などの実費が発生しますのでご留意ください。

募集要項

第3期 募集説明会受付中!

エントリーフォーム請求

ご質問等についても、こちらからお気軽にご連絡ください。

各領域のイノベーターの生声に触れる
「特別講義」を随時開催

テーマラボ横断で、さまざまな領域の最前線で活躍するゲストから、ローカルベンチャーの一歩先を学ぶ場。講演形式、ワークショップ形式など多様なスタイルで、地域で挑戦する可能性を広げていきます。

他の
テーマラボ