ローカルベンチャーラボ 特別講義 
「地域を支えるお金の流れ」

現在、ガバメントクラウドファンディングやコミュニティ財団、自治体版ICOなど、地域を取り巻く新たな資金調達の手段が話題になっています。

これまで国の補助金頼みだった地域経営の資金調達も、民間による資金調達含め、多様な選択肢が生まれてきました。今回の講義では、この流れを事例を通して学んでいきます。

ゲスト講師の深尾氏は、京都にて日本初のコミュニティ財団の設立をされ、他にもSIB(社会的インパクト投資)を通じ、行政と地域への新たなお金の流れの開発に取り組まれるなど、仕組みを作る側のプロフェッショナルとして活躍されています。

また、それにとどまらず、一人の起業家として、民間からの数億円の資金調達をもとに、 再生可能エネルギー事業にも着手され、 売電収益を地域課題解決や地域活性に活用して地域内で循環させるモデルづくり、 また地域の中小企業の事業承継を支える取り組みを行うなど、資金を活用した事業づくりも行っています。

仕組みを作る側に関わらず、地域で事業に取り組むうえで、地域の新たなお金の流れを知り、 活用することは、事業が継続的にインパクトを生むうえで大事な観点です。

仕組みを作る側、お金を活用して地域の課題解決の事業を作る側、 両面からの学びを得ていただけます。

 

開催概要

日時 2018年8月1日(水) 19時~21時
会場 ETIC.セミナールーム
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル5階
http://www.etic.or.jp/etic/access.html
対象
  • 地域プロデューサーや地域商社を目指す人、地域のお金の流れをデザインしたい人
  • ローカルベンチャーラボ 1期・2期生
  • ローカルベンチャー推進協議会関係者の方
定員 20名
受講料 第1期生・第2期生・ローカルベンチャー推進協議会関係者:無料
<注意事項>
今回の特別講義は、講演とワークの2部構成となっています。 そのため会場での参加を推奨しています。
ただ、どうしても遠隔をご希望される場合には、zoomにて接続できる環境を準備しますが、どうしても一部、音が聞きづらかったり、画面が見づらかったりという不都合が生じてしまう可能性がございます。その点もご了承のうえで参加方法をご選択下さい。

 

講師

深尾 昌峰 氏

滋賀大学大学院修了。1998年きょうとNPOセンター設立と同時に事務局長に就任。2001年には日本で初めてのNPO法人放送局「京都コミュニティ放送」を立ち上げに参画、現在は理事長を務める。2003年~2007年まで京都市市民活動総合センター初代センター長。また、2009年からは公益財団法人京都地域創造基金の理事長に就任、市民による公益創造のインフラづくりを展開。2010年から龍谷大学法学部准教授に就任(2011年から政策学部へ移籍)。

その他、京都大学大学院公共政策研究科非常勤講師、公益法人協会評議員、経済財政諮問会議専門調査会「選択する未来委員会」委員などを歴任。2013年には社会的投資を促進する株式会社PLUS SOCIALを起業し、事業を展開。2014年にはグッドデザイン賞を受賞。2016年からは日本初の社会的投資専業金融会社プラスソーシャルインベストメントを起業し、代表取締役会長。現在、東近江市参与、総務省「地域づくり懇談会」委員、内閣府「共助社会づくり懇談会」委員、経済財政諮問会議「政策コメンテーター」、東近江市「市民協働推進委員会」委員長などをつとめている。

【主な役職】
龍谷大学政策学部 准教授
公益財団法人京都地域創造基金 理事長
一般社団法人全国コミュニティ財団協会 会長
株式会社PLUS SOCIAL 代表取締役
プラスソーシャルインベストメント 代表取締役会長

 

お申込みフォーム

【個人情報の取り扱いについて】
このフォームからご登録頂いた情報は、NPO法人ETIC.の個人情報保護規程に基づいて取り扱われ、当イベントに関するご案内のためにのみ利用させていただきます。皆様の個人情報を皆様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。プライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

の項目は必ずご入力をお願い致します。

お名前
性別
生年月日
ご所属
メールアドレス
携帯電話番号
お住いの都道府県
属性
参加方法
懇親会
講座に期待すること

プライバシー・ポリシー に同意します
以上の内容で送信しますか?